ねこねこ王国

猫だらけの日記にしたい

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

Cirque du Soleil 「KOOZA」を楽しもう

ただいま日本公演中のKOOZA *何気に北米の次が日本ってすごいなって思いました。ありがたや
KOOZA
[大阪中ノ島ビッグトップ]


KOOZA KOOZAはCirque du Soleilの原点回帰ともいうべき作品で、アクロバットとクラウンの芸という伝統的サーカスの2つの要素を融合させたものです。このショーでは、人間の強さと弱さを表現する肉体の能力に焦点が当てられています。さまざまなものが多彩に融合する中で、あからさまなスラップスティック的ユーモアが強調されます。
 だそうです。原点回帰か、いいね。



会場の手前のエントランステントでは展示があったりお土産売ってます。
KOOZA
ダイハツがスポンサーですからね。ダイハツの軽自動車置いてました。
トリックスターというキャラがペイントされています。

この車の上、結構キラキラしてかわいいんですよ。
天蓋付ベッドにしたら女の子がすごく喜びそうな感じ。
KOOZA
小さい頃は天蓋付ベッドが夢でした。今ではスペース考えて現実的な布団派です。
お土産はオンラインブティックでは売ってない物もたくさんありましたよ。



ちなみにステージと座席はこのようになっております。
KOOZA 座席

見てすぐ分かるでしょうけど、ほっとんどがS(SS等最上級)席です。
ヤフオクで「A席だけど隣がS席だから最高の席です!」って売ってる人いて、売れ残れって思った。転売反対!
注意すべきは、S席でも絶対正面ではないことと、柱等のデッドゾーンの存在です。

1番いい席は言わずもがな、Dブロックの前の方ですよね。
Cブロック、Eブロックの前列もいいですが、デッドゾーンがあります。
黒い四角の箇所がワイヤー固定位置なので、すぐ後ろは見にくいと思います。
またWメインアクトである「Double High Wire」と「Wheel of Death」は
ステージに斜めにセッティングされますので、Dブロックが正面ではありません。

ハイワイヤーはEブロックが正面、デスホイールはCブロックが正面になります。

まぁ、結局Dブロックが1番いいとは思いますが、
好みのアクトによっては、CorEブロックがいいこともあるかもです。
ハイワイヤーが好きでCブロック寄り前の方じゃ、ゴール地点ですしね。


ちなみに私は
1回目(8月):Eブロック11列4番、Eブロック18列22番
2回目(10月):Aブロック6列9,10番

で鑑賞しますよ。どっちもハイワイヤー狙いですね(∀`*ゞ)テヘッ

2回目はあえてA席で横や後ろから見るのを選んでみました。
ハイワイヤーはある意味正面だし!
デスホイールの風感じるかもしれないし!




チケット(S席相当)は地域前半日程なら1ヶ月以上前に買いたいところです。
 *私は8月分(S席)は1ヶ月前で連番でとれませんでした。
同地域での公演も長いことになると、少し余裕が出てきますね。
 *10月分(A席)は2週間前ですが、(A席の中では)良席連番ゲットです。

チケットで1番悩むのは座席だと思います。どうせならより楽しみたいよね!
しょうもない記事ですが、少しでも誰かのお役に立てればうれしいです。
あと、転売屋を潤すのはやめましょう。元々いいチケットが買えなかったのは
転売屋が必要としいてないチケットを買い漁るからです。元凶なんですよ。
それでも買う人がいるから、転売がなくならないんです。つけあがるんです。
需要がなくなれば供給もなくなります。あんなんダフ屋と一緒ですよ。


ではKOOZAに興味のある方、一緒に楽しみましょう☆



関連記事
  • [No Tag]

*Comment

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

HADUKING

Author:HADUKING
はづきかんなこのはこはるみつき

画像・動画の転載は一言please.
or, このブログへのリンクを。

*にゃんこ画像倉庫 (Facebook)
*にゃんこ動画倉庫 (youtube)
*日々のつぶやき (Twitter)

検索フォーム

最新記事

カレンダー(アーカイブ)

カウンター

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

Twitpic

日々の写真たち。
猫・食べ物・石けん・コスメあたり



Materials shop

手作り石けん・コスメの材料

Materials shop @海外

海外のアロマショップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。